トップ / PMSの腰痛を改善するための漢方

PMSやPMDDの腰痛改善

PMSの腰痛を改善するための漢方

PMS腰痛改善のためには漢方が有効

PMSの辛い症状の改善には、漢方を使う方法があります。漢方には1種類でいろいろな症状に効果を発揮する薬もあるため、イライラや落ち込み、頭痛や腰痛など多様な症状が出るPMSに向いているといわれています。

漢方を扱う東洋医学では、人の体を「気・血・水」という視点から診ます。漢方について書かれている「傷寒論(しょうかんろん)」の中にも月経について書かれており、『ふつうの状態ではない状況が、月経がはじまるとともに戻る』と記されています。

PMSは体の「気・血・水」のバランスが崩れている状態で、血の異常の「お血」、水の異常の「水毒」、気の異常の「気滞・気逆」などが起こっていると考えられます。血流が滞るお血は、腰痛や腹痛、頭痛などを引き起こし、水毒はむくみや吐き気、めまいなどの症状を引き起こします。また気滞はイライラや不安感を引き起こすなど、あらゆるPSMの症状の原因に。PSMのつらい症状を改善するには、どのような漢方がいいのでしょうか。

・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
桃仁(とうにん)、桂皮(けいひ)、大黄(だいおう)、甘草(かんぞう)、芒硝(ぼうしょう)からなる漢方薬。「気」「血」の流れをよくして生理前の不安やイライラ、便秘などの改善に役立ちます。

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
桂皮(けいひ)、芍薬(しゃくやく)、桃仁(とうにん)、茯苓(ぶくりょう)、牡丹皮(ぼたんぴ)からなる漢方薬。血の流れが滞る「お血」から起こる下半身の冷えでお悩みの方におすすめです。血の巡りが悪いと、上半身はのぼせていても下半身は冷えているという状態に。血流がよくなるので下半身の冷えや腰痛に効果が期待できます。